[NCエルフ WLD3期]過酷溢れるニュートラル環境を駆け抜けるニュートラル

2017-09-27 01:30

俺はアリストフェリアを許さない
アリスがもし6/4/6であればネジが飛んでるカードであったとしても、こんなことにはならなかった
フェリアが3/3/2で進化時4/3なら、いくら既存カードをバカにしていようがこんなことにはならなかった



獅子ビショップを使い己の引きの悪さを痛感したが、増えてきた昆布を処理するためにイージスに手を出し、願い1聖堂2の黄金比を獲得した。しかし、この頃ランクマッチのドラゴンはほぼ全てが魔界OTKだったので、イージスを捨てる未来はそう遠くなかった。

さらに、NロイヤルNウィッチ等も増え、これらやコントロール相手に勝てるようにドロシー超越ウィッチ土オズサタンウィッチを構築し、先行123アリスに無事わからされた。というかロイヤルが無理。

その後、何を血迷ったのか、ランプドラゴンに手を出し、10連戦(だが、多分9連戦)の(魔界でない)ランプミラーにほぼ負ける結果となった。しかし、殆どの人がウロボ、ライブラorオーディン、咆哮1~2枚、ゼウス、稀にジェネサタンを入れていることがわかったことは収穫である。今やこれからは知らないが。

こうして西はNアグロミッド東は昆布ドラ、さらにどこからでも出てくるサハイスラルシの魔境となったランクマッチで、Nコントロールエルフというデッキを使うことになる。ヴァンパイア、ロイヤル、ネクロは選択肢にはなかった。何故ならそれらは既にMaster称号を取っているからである。
このエルフ、今まで使ってきたデッキと比較したら誰に対しても戦いやすく感じた。


NCエルフ
deck_wld3_ncelf.png
NCはニュートラルコントロール
獅子等のネジが飛んでるフォロワー群を双撃ティナエリンで対応しながら、ドラや昆布等に対しても強い構築となった。
ドローだけが難点(と僕は思うよ)。


●適当なカード解説

・クリスタリア・リリィ
大きいフォロワーやモル・ウロボ等に対する処理札、手軽な除去として使用感は抜群だった。
アグロ相手には2T目にプレイして手札と山札のエルフ要素を消費したりした。

・エルフの双撃
N相手はこのカード、ヘクトル、エリンをどれでもいいから1枚以上引けないとまず勝てない。
森荒らしが必要に感じた場面は特に無かった。

・ゴブリンブレイカー・ティナ
このニュートラル溢れる環境では昆布以外に対して活躍したカード。
N相手でなくとも2枚を除去するカードとして使用できた。アリスバフを受ける点もgood

・歴戦の傭兵・フィーナ
5/5未満を上から取りながら横に広げ、手札を減らさずデッキ圧縮する優秀なカードであった。
しかし、最後の1枚としてとりあえず入れたカードなのでエリンと交換してもいいかもしれない。

・ヘクトル
このカードがないと有利に盤面を取り合えないので3枚必須に感じる。ビューティ&ビーストに繋げるカードとしてフィーナ共々活躍してくれた。

・クリスタリア・エリン
基本的にはエンハンスで使用した。アグロミッド相手はこのカードでストップし、コントロール相手は出すタイミングで大体存在する4/4の処理や進化権回復カードとしての運用が主だった。3枚にしたいが、3枚にするとエルフカードが11枚となって許容できないのでしていない。

・ビューティ&ビースト
つよかった。
ミッドレンジに対しては6T目に速攻置き、相手のリソースと進化を消耗させて有利を取った。
アグロ相手には勝つにしろ負けるにしろ置くタイミングはない。
コントロール相手に対しては、進化権やサハを吐かせてからこのカードを置くと相手が困るのでそれをよく狙った。9T目ビースト(+グリームニル)、10T目バハはゲームを破壊した。

・癒やしの奏者・アンリエット
アンリエットありの構築と無しの構築を使用したのでわかるが、このカードは確実に勝率を底上げする。ビーストだけでなく、バハやオーディン、フィーナ等が2回殴ったりした。

・オーディン
咆哮や黒死の仮面等にも有効な除去フォロワーとして採用。これで件のカードや守護を除去して勝利した試合は割と多く、そうでなくてもドラに対して泥仕合リソース合戦を仕掛けることが出来た。

・バハムート
ミッドレンジ相手にはフィニッシュカードとして、コントロール相手には除去カードとしてメンコをした。ビーストとシナジーがあることに気づいたとき、3枚から減らそうと思うことはなくなった。



●適当なマリガンとかのメモ

基本的にカイザ、ビーストはキープする。ヘクトルは可能ならキープする。

・対アグロミッド(ロイヤル、ウィッチ、ビショ等)
2/2/2と双撃が最優先。後攻の場合は加えてティナ、ヘクトルを探す。
双撃は相手のアリス前ターンに使用し、相手のアリスをアリスティナあたりで上から取り、次をヘクトルで返すのが理想。

・対ネクロ
ネフであることを祈りながら上述のマリガンをする。ヘクターの場合は貴公子されないように祈りながら10ppにどうにか辿り着くことを目指す。そこからメンコを行い無事にビースト着地出来れば勝てる。
ネフはビーストやオーディン、リリィを大事にすれば確実に勝てるので手札を大事にする。

・対コントロール(ドラ、ヴ)
2/2/2は取っておくが、基本的にリリィ、オーディン、ビースト、ヘクトル、アリスなどの重めのマリガンをする。リリィは勿論2T目にはプレイしない。
どこかでパスする自体になってもそこまで痛手にはならないので、とにかくパワーカードを探す。
6T目のビーストは基本的に囮として用い、そこから双撃やリリィ、オーディン等で冷静に10ppまで辿り着くことを目指す。こちらの進化は相手の進化権とトレードできるように尽くす。人参連打やメンコをし、スキを見てビースト着地すれば大体勝つ。



●最後に

エルフから逃げるな
エルフがランクマッチに存在しないせいで、緑に光ったビーストに舞踏が放たれる現象が何度かあった。

次弾はotkを使いたいです。
スポンサーサイト

Steam版Shadowverse 画像差し替えメモ

2017-07-29 16:59

SV_mod.png
Shadowverseの画像差し替えのメモです。
Steam版Shadowverseのリソースを差し替えてるだけなので、相手には元々の画像が見えます。

やり方はShadowverse card modとかで調べて。

 
画像関連
・dds形式、DXT5で保存
・画像自体は1024x1024、これを横:縦=4:5になるように横を圧縮して表示してる
 つまり、4:5の画像を用意して横を5/4倍に伸ばしたものを使用すればいい
・最高解像度のものを合わせ、11枚のミップマップがある(必要かどうかはわからない)

エクスポート/インポート関連
・エクスポート/インポートの途中で作業中のファイルを削除等しない
・インポートの際は必ず上書き保存する
・作業が終わったら必ずソフトを正常に終了させる(ここまでが遠足)

リソース関連
・カードのIDはShadowverse Portalで確認できる
 (各カードURLの数字末尾に0を付加したものがファイル名(の一部)になる
・カードのリソースをコンバートしてエクスポートされた画像ファイル名の末尾
 00 進化前
 01 進化後
 10、11 わからん

[ミッドレンジロイヤル verROB] たいひら裏セージ

2017-02-18 02:48

ドロシーやアグロ系、OTKエルフが流行り、ランプドラゴンや陽光ビショが増える環境で勝とうと模索した結果、昔の乙姫セージ型のミッドレンジロイヤルに戻ってきた。

Shadowverse_midroyal.png

AoEが増えたので乙姫は弱いと考えられがちだが、そもそもこちらは一枚のカードしか使用していないため、そこにサラブレやバハやテミスやレオスピ等を刺されてもそこまで痛手にはならない。というよりも、ここまでして五分五分かそれ以下になる乙姫の方がおかしい。

現状乙姫が殆ど警戒されないため、フロフェンあたりにAoEを飛ばしてくることがしばしばあり、逆に乙姫が生きやすい環境だと感じた。勿論全部除去されたら負けるが。

基本的にマナカーブ通りに動き、相手が除去しきれなかったところにセージやガブのバフをかけるか、アルベールやシャルロットで走って〆る。


暇じゃないし疲れるので50戦しかしていないが、勝率7割はあるので割と戦えるレベルである。

50戦36勝14敗(勝率72%)
midR_1.png
midR_2.png

OTKに対しては一生盤面が取れるので有利であり、ドロシーに対しても先行でヴァンガ不屈フェンサームーブするか後攻で盤面を取り続ければ十分勝ちを拾える。(ただし4Tor5Tドロシーからゲイザーが2体出てくると終わる)

ランプドラゴンに対しては序盤に動けるかツバキ乙姫セージガブアルベールを上手い具合に揃えないと勝てない。さらにサハルシを2回されると普通に押し負けるのでそこまで有利とは言えなくなった。



●適当なカード解説

・ヴァンガード
エルフが多いのでやっぱり抜けない。フェンサームーブで2/2を取った日は勝ち。後攻だと腐る。

・不屈の闘志
サムライやゲルトでもいいかもしれないが、相手に除去カードがなくフェンサーが控えているときは一気に勝ちが近づくためやはり抜けない。というかミッドレンジで戦うなら不屈以外の選択肢はないと思う。

・渾身の一振り
後攻2Tの動きや、2点除去(フィーナやドロシーに刺さる場面が多い)として使われる。特に可もなく不可もない。

・フェンサー
ミッドレンジはフェンサームーブから始まる。3枚もいらないので2枚。

・ニンジャアーツ
3Tor4T目に3/4エンシェントや協会の護り手、プリズンドラゴン等に刺さり、ゲイザーや残ったサハを取る4点にも使える。また、エンハンスで出てくるニンジャマスターにガブリエルすることもできる。

・フローラルフェンサー
なんだかんだいないと勝てない。

・レヴィオンヴァンガード・ジェノ
他に入れたいカードがないので、先行4T目の動きとして入っている。やることはニンジャアーツとあまり変わらないが、4T目では大体盤面に残る上、エンハンスからのセージムーブも一応可能である。

・5コストのやつら
アグロとコントロールに勝つために3積み安定。

・セージコマンダー
決まると大体勝てるが、3枚あると腐ることが多いので2枚にして、ガブリエル1枚を投入している。

・海底都市王・乙姫
5T目フロフェン進化やアルベール進化ムーブすると安定して出しやすい。やはり乙姫様はお守りできない。

・ツバキ
これがないとコントロールロイヤルやランプドラゴンに殆ど勝てない。他にもエンシェントエルフやドロシー、氷像に刺さるため有効な場面は多い。
一応潜伏なのでガブリエルムーブでフィニッシュすることもできる。

・ガブリエル
乙姫の生き残りやニンジャマスター、ツバキ等にバフをかけて大打点を狙う。意表レベルが高い。

・ドラゴニュート・シャルロット
4点疾走要因であり、アグロ(特にOTK)を詰ませる守護持ちである。今の環境ではどちらの役割でも動けるため十分強い。



●対戦相手別のマリガンや動きなど

・エルフ(OTK、アグロ、テンポ、冥府)
全力でヴァンガードを引きに行く。他はコスト通りに動いて序盤を凌ぐ。
相手がOTKであれば守護はできるだけ後に残し、基本的に盤面を取っていく。
ただし、5T目アルベールとシャルロットは基本的に顔を殴って点を稼ぐ。
盤面ロックされて負けにならない状態で乙姫を展開できれば大体勝ち。

・ウィッチ(ドロシー、超越、秘術)
マリガンはエルフと同じ。序盤理想ムーブが出来たらかなり勝ちやすくなる。
ドロシー相手の場合、序盤は有利トレード以外顔、進化ターンぐらいから全力で除去に回る。とにかくフロフェンとオーレリアのパワーで凌ぐ。あとは神に祈る。
超越の場合はアルベールか乙姫ムーブが出来れば勝てるはず。
秘術相手は冥府サタンオリヴィエが来ないことを祈りながら、破砕と命の秘密おじさんを消費させて粘り勝つしかなさそう。

・ドラゴン(ランプ)
序盤の動きに全力をかけるが、ツバキはできればキープする。
今のランプはPPが先に5や6や7に増えたところで大してやることは変わらないので、アイラもウルズされる前に除去する。
基本的に除去対展開の対決になるので正直不毛である。
序盤中盤に顔を攻めて、アルベールで〆ることを目指す。
非進化ゴブリンマウントデーモンやサハルシが一番辛い。バハはツバキかお祈り乙姫をする。

・ビショップ(陽光、セラフ、エイラ、疾走)
1、2コストフォロワーを探し、顔を執拗に殴る。ニンジャアーツはキープしてもいい。
後は乙姫を信じる。
進化を切らせればテミスでしか返せない(ジャンヌは知らない)のでとにかく乙姫を信じる。
疾走は虎が沢山来ないことを祈る。

・ネクロマンサー(ネフティス、コントロール、アグロ)
低コストを探しにいく。ランサーは不死者従者と相性が悪いので出来れば返す。後攻ならニンジャアーツキープ(スパソイ、従者メタ)もあり。
カムラやモルが飛んでくる前に乙姫やアルベールで顔を詰める。祝福や腐の嵐を雑に使わせたり、アルベールに死の一閃を使わせてネクロマンスを消費させてから乙姫様をお守りする。
7T目以降はカムラに沢山回復されないように(その上除去できるように)盤面展開は気をつけてアルベールやガブリエルリーサルを狙う。
アグロの場合はシャドウリーパーが沢山来ないことを祈りながら先除去を心掛ける。

・ヴァンパイア(アグロ、コントロール)
アグロの序盤を凌いだり、除去を使わせるために1、2コストフォロワーを探す。ヴァイトやユリウスを取るためにニンジャアーツはあってもいいが、コントロール相手だと邪魔になりやすいのでそこまで優先しない。
コントロールの場合乙姫メタが多すぎるのでアルベールが勝利の鍵となる。セクシーが飛んで来るまで戦うと負けるのでアルベールとシャルロットでなんとかする。
復讐は相手の進化を切らしてから入れるのが吉。
ただし、女帝や飢餓がなければ乙姫も戦える(クイーンに大して強い)ので乙姫も悪くはない。


●最後に
なんだかんだ疾走ビショップも帰ってきたらしいので、今度はミッドレンジロイヤルが帰ってきてほしいですね。今のミッドレンジロイヤル、誰も乙姫使ってない…。
この記事が、そんな乙姫を使っていない人たちの叩き台となることを願います。

ミッドレンジロイヤルが帰ってきたら、後は冥府エルフの帰りを待つだけですね…。僕は冥府や運命が被るので環境以前に無理です。

やっぱりネクロマンサー!

2016-12-22 00:25

Shadowverse3.png
長く苦しい戦いだった...。
49000代で何十戦も過ごした日々

ミッドレンジロイヤルでゴリ押ししたり冥府に落ちたりもしたが、結局アグロネクロが一番勝率が良かったので戻ってきた。


使用デッキはこちら。例の如くデータは取ってないので、感想に留まる。
Shadowverse_agrnecro.png
AA3まで(ミッドレンジロイヤル、冥府エルフの殆どいないDAK環境初期)はスケルトンファイター3が死の祝福1、蝿の王2だった。
超越ウィッチに勝てないアグロネクロだったのでスケファイに変えた。

・ソウルコンバージョン
ドローは大事である。以前よりそう感じた。

・ダークコンジュラー
ポっと出ゴーストが刺さる場面が案外多く、使い勝手は非常に良かった。
というよりも、墓地を消耗しない2/2というだけで十分強かった。

・消えぬ怨恨
これがないと1コスがランサーやユニコにタダで取られるので入れている。
守護に撃つというよりは、お安く除去して顔に集中するためのカードだった。

・幽体化
従来の構築でフロントガードやエンシェント等を立てられたときの締めとして使っていた名残。
突然の2点バフで勝てた試合は意外と多い。

・ネクロエレメンタラー
環境に体力1が増えたので前より使い勝手が上がった。(以前より除去されやすくなったけど)
5T目ティアムーブにはエレメンタラーがいないと詰みかねない。

・スパルトイソルジャー
今回採用した新規カードで一番強いと思った。3T目に置くと大体盤面に残る。
先行だと相手の2/1や進化を受け止めたりでき、後攻の場合自身を進化させて3/6で顔を殴ったり、悪戯で盤面のお掃除ができる。
何より墓地が貯まる。
墓地を貯める点では死を追う者も強いが、進化時効果で飛ばされて墓地が増えない自体が多かったので不採用。

・死の祝福
これがないとアグロヴァンプやフェイスドラゴン相手が厳しい。
全体除去を誘発させてハウルでゲームセットはよくやった。
何より1枚で3体フォロワーを出せるので旨味が強い。


引きが良ければどんな構築にも勝てますが、引きが悪いとどんな構築にも負けます。
特にミッドレンジロイヤルとミッドレンジネクロは無理です(以前も同じようなことを言った気がする)。



そういえば新カードが来ますね。
僕はネフティスを使いたいです。

Shadowverseの記事#1

2016-09-30 00:58

新カードが来ますね。
僕はケリドウェンを使いたいです。

とりあえずパック追加までにAAランクに無事登れたので、主に使用したデッキを紹介します。
勝敗とかは記録してないので感想に留まります。


・ヴァンガード型ミッドレンジロイヤル
Shadowverse1.png
なぜかクイブレ型より勝てるのでよく使ってました。
初手ヴァンガード投げれたら大体勝てます。

ツバキは1枚しかないので1枚、アルビダも同様に2枚。
乙姫はそんなに強いと思ってないので2枚です。

ドラゴンとエルフに対しては引きが良くないと勝てません。


・アグロネクロ
Shadowverse2.png
前述のものとこちらを環境に合わせて使い分けてました。
初手スカルビースト投げれたら大体勝てます。

よくみる形から、怨恨の代わりにスペクター、腐の嵐の代わりにネクロエレメンタラーを入れた感じになってます。
両方墓地を消費するのと、そこまで有効に働かない(使っても勝てない)場面が多く見られたので抜きました。

スペクターはメイとトカゲと遅ぇ!に狩られますがそれ以外には強く、相手に処理を強要できます。
それと、GMDに対して「悪戯やケル進化で対処するなら、スペクターでよくね?」と思ったのも大きな理由です。怨恨では大体届かないし。

エレメンタラーも同様に相手に早々の処理を強要できます。
殴り合う場合は3点になるのと、後の悪戯やハウルと合わせて盤面が取りやすくなる点が良かったです。

ロイヤルに対しては大体勝てません。



ドラゴンはエルフロイヤルの次によく当たりましたが、その全てが2Tもしくは3Tでブレスを撃ってきました。彼らは強すぎます。


最新記事