スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[NCエルフ WLD3期]過酷溢れるニュートラル環境を駆け抜けるニュートラル

2017-09-27 01:30

俺はアリストフェリアを許さない
アリスがもし6/4/6であればネジが飛んでるカードであったとしても、こんなことにはならなかった
フェリアが3/3/2で進化時4/3なら、いくら既存カードをバカにしていようがこんなことにはならなかった



獅子ビショップを使い己の引きの悪さを痛感したが、増えてきた昆布を処理するためにイージスに手を出し、願い1聖堂2の黄金比を獲得した。しかし、この頃ランクマッチのドラゴンはほぼ全てが魔界OTKだったので、イージスを捨てる未来はそう遠くなかった。

さらに、NロイヤルNウィッチ等も増え、これらやコントロール相手に勝てるようにドロシー超越ウィッチ土オズサタンウィッチを構築し、先行123アリスに無事わからされた。というかロイヤルが無理。

その後、何を血迷ったのか、ランプドラゴンに手を出し、10連戦(だが、多分9連戦)の(魔界でない)ランプミラーにほぼ負ける結果となった。しかし、殆どの人がウロボ、ライブラorオーディン、咆哮1~2枚、ゼウス、稀にジェネサタンを入れていることがわかったことは収穫である。今やこれからは知らないが。

こうして西はNアグロミッド東は昆布ドラ、さらにどこからでも出てくるサハイスラルシの魔境となったランクマッチで、Nコントロールエルフというデッキを使うことになる。ヴァンパイア、ロイヤル、ネクロは選択肢にはなかった。何故ならそれらは既にMaster称号を取っているからである。
このエルフ、今まで使ってきたデッキと比較したら誰に対しても戦いやすく感じた。


NCエルフ
deck_wld3_ncelf.png
NCはニュートラルコントロール
獅子等のネジが飛んでるフォロワー群を双撃ティナエリンで対応しながら、ドラや昆布等に対しても強い構築となった。
ドローだけが難点(と僕は思うよ)。


●適当なカード解説

・クリスタリア・リリィ
大きいフォロワーやモル・ウロボ等に対する処理札、手軽な除去として使用感は抜群だった。
アグロ相手には2T目にプレイして手札と山札のエルフ要素を消費したりした。

・エルフの双撃
N相手はこのカード、ヘクトル、エリンをどれでもいいから1枚以上引けないとまず勝てない。
森荒らしが必要に感じた場面は特に無かった。

・ゴブリンブレイカー・ティナ
このニュートラル溢れる環境では昆布以外に対して活躍したカード。
N相手でなくとも2枚を除去するカードとして使用できた。アリスバフを受ける点もgood

・歴戦の傭兵・フィーナ
5/5未満を上から取りながら横に広げ、手札を減らさずデッキ圧縮する優秀なカードであった。
しかし、最後の1枚としてとりあえず入れたカードなのでエリンと交換してもいいかもしれない。

・ヘクトル
このカードがないと有利に盤面を取り合えないので3枚必須に感じる。ビューティ&ビーストに繋げるカードとしてフィーナ共々活躍してくれた。

・クリスタリア・エリン
基本的にはエンハンスで使用した。アグロミッド相手はこのカードでストップし、コントロール相手は出すタイミングで大体存在する4/4の処理や進化権回復カードとしての運用が主だった。3枚にしたいが、3枚にするとエルフカードが11枚となって許容できないのでしていない。

・ビューティ&ビースト
つよかった。
ミッドレンジに対しては6T目に速攻置き、相手のリソースと進化を消耗させて有利を取った。
アグロ相手には勝つにしろ負けるにしろ置くタイミングはない。
コントロール相手に対しては、進化権やサハを吐かせてからこのカードを置くと相手が困るのでそれをよく狙った。9T目ビースト(+グリームニル)、10T目バハはゲームを破壊した。

・癒やしの奏者・アンリエット
アンリエットありの構築と無しの構築を使用したのでわかるが、このカードは確実に勝率を底上げする。ビーストだけでなく、バハやオーディン、フィーナ等が2回殴ったりした。

・オーディン
咆哮や黒死の仮面等にも有効な除去フォロワーとして採用。これで件のカードや守護を除去して勝利した試合は割と多く、そうでなくてもドラに対して泥仕合リソース合戦を仕掛けることが出来た。

・バハムート
ミッドレンジ相手にはフィニッシュカードとして、コントロール相手には除去カードとしてメンコをした。ビーストとシナジーがあることに気づいたとき、3枚から減らそうと思うことはなくなった。



●適当なマリガンとかのメモ

基本的にカイザ、ビーストはキープする。ヘクトルは可能ならキープする。

・対アグロミッド(ロイヤル、ウィッチ、ビショ等)
2/2/2と双撃が最優先。後攻の場合は加えてティナ、ヘクトルを探す。
双撃は相手のアリス前ターンに使用し、相手のアリスをアリスティナあたりで上から取り、次をヘクトルで返すのが理想。

・対ネクロ
ネフであることを祈りながら上述のマリガンをする。ヘクターの場合は貴公子されないように祈りながら10ppにどうにか辿り着くことを目指す。そこからメンコを行い無事にビースト着地出来れば勝てる。
ネフはビーストやオーディン、リリィを大事にすれば確実に勝てるので手札を大事にする。

・対コントロール(ドラ、ヴ)
2/2/2は取っておくが、基本的にリリィ、オーディン、ビースト、ヘクトル、アリスなどの重めのマリガンをする。リリィは勿論2T目にはプレイしない。
どこかでパスする自体になってもそこまで痛手にはならないので、とにかくパワーカードを探す。
6T目のビーストは基本的に囮として用い、そこから双撃やリリィ、オーディン等で冷静に10ppまで辿り着くことを目指す。こちらの進化は相手の進化権とトレードできるように尽くす。人参連打やメンコをし、スキを見てビースト着地すれば大体勝つ。



●最後に

エルフから逃げるな
エルフがランクマッチに存在しないせいで、緑に光ったビーストに舞踏が放たれる現象が何度かあった。

次弾はotkを使いたいです。
スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。